ウィメンズ

          NO.9



第4回交流会の報告はこちら



第9回の寄稿は、引地裕子さん(学31EB)です。


Positive Thinking



 'Positive Thinking’なんて題を掲げましたが、私、根は非常に Negative志向。
 以前の私は、不安を感じると思考はどんどん後ろ向きになり、自分で自分の不安を煽る。何か失敗すると”私は何てダメな人間なんだ。”と、自分を責める、責める、責める。

 やっと自責の念が薄れ始めた頃、今度は今さら悔いたところでどうにもならないのに、ぐずぐず、くよくよ無駄な時間を過ごして、”私は何をしているんだ!”と、落ち込む、落ち込む、落ち込む。

 何だか書いているだけでため息ついてしまいます。



 しかし、そんな私にも‘change’のときがやって来ました。



 約3年前関東ウィメンズくらぶの第1回交流会に参加。その後世話人となり、打ち合わせに参加。また、パートですが仕事も始め、その年の楠ヶ丘会関東支部の同窓会にも参加。

 この約4ヶ月の一連のことがきっかけとなり、前向きに生きる様々な人と出会い、楽しいひとときを過ごし、たくさんのパワーをいただいた結果、私少しばかり Positive になってきたようです。

 最近はなんだかいろいろなことが楽しくて。当然失敗もするし、いやなことや悩みもあり、相変わらずぐずぐず、くよくよもしますが、やってしまったこと、起きてしまった過去のことよりも、今後どうするかという未来のことに目が向くようになった気がします。

 人間、Positive な状態にあると、楽しみ、喜びセンサーが活性化するそうです。どんな困難な状況にあっても、考え方を Positive にするだけで、ひとつでも多くの楽しみ、喜びを感じることができるとしたら、それは素晴らしいことだと思います。


 私も Positive度を更に up して、これからの人生もっともっと楽しまなくちゃ!!!



 今年もまた関東ウィメンズくらぶの第4回交流会が3月28日(土)11時半から、学士会館1階のラタンにて開催されます。皆さまと共に過ごす楽しいひととき 今から心待ちにしています。




バックナンバーを見る。

NO.1(藤岡佐恵子)をみる
NO.2(久慈真里)をみる
NO.3(下田正子)を見る
NO.4(六反友佳里)をみる
NO.5(山村千晶)をみる
NO.6(中北順子)をみる
NO.7(西村朋美)をみる
NO.8(吉岡潤子)をみる




トップ頁にもどる